媚薬は本当に性愛を救うことができます!

媚薬は本当に性愛を救うことができます!媚薬は感染してはいけない毒薬ではないが、しかし自由にすこしかむチューインガムのことができるのがでもありません。それは特殊な薬品で、健康人はくれぐれも惑わさないでください。

これらの処方は内服と外用に分けて、内服の食物と薬物、多く丈夫な品物に栄養を補給するため;外用のは液体薬の外で陰部を洗って、薬の布の外で陰部と腟の内で薬品使用などを拭いて、多く一定程度の刺激性の薬物を含んで、普通に性的興奮の後で取り除きます。我が国の伝統の中薬の中で、暖かい腎臓の精力をつける類の薬物はたぶん機能に役立ちを備えて、しかし大部分が勢いの単力が薄いです。

よくある植物と鉱物類薬、例えば附子、トンキンニッケイ、イカリソウ、陽起石など;動物類薬が牛の鞭、犬の鞭、ロバの腎臓の類がある、および鹿茸、遅い蚕蛾、9香の虫、セイウチなど。そのため、古人は常に他の薬品と調合した薬剤で従って効果を取りに入ります。

近ごろ古人の他の薬品と調合した薬剤を人がいて、現代工芸技術で製造して、例えば“中国が激しくて男性だ”、“セイウチの3腎臓のたま”など。近代的だに、媚薬の薬物に似ているのがあって、“性薬”あるいは“催淫薬”のようです。

これらの薬が基本的で化学の合成薬で、大部分が(は)性ホルモンを含んで、例えばプロピオ酸睾ケトン、メチル基の睾丸ホルモン、ベンゼンのプロピオ酸の承諾する竜、コリオゴナドトロピンなど、効果、しかも力もっぱら効果のチェコを催促するのがあります。しかし、古人は“色に狂うのが人を催促する古い”、“部屋が働いて促すのが短命だ”を言います。

もしも薬品使用者は管轄が下手で、色に狂う部屋は働いて、もしも甚だしきに至っては媚薬を使って性生活を支えに来て、そんなに軽く春のため薬の性質はどんなに暖かくて乾燥していて、機体回復しにくい損害を被ります;重く睾丸萎縮を引き起こすことができて、脳下垂体はホルモンを分泌して均衡を失って、不良の後の結果をもたらします。

このポストは中に掲示されました→人気女性媚薬の通販情報