性生活はどれくらい1回やっと合っています

違った種族、大勢の平均の性生活周波数は違って、中国男性実際の性生活周波数は2回毎週のとします。ただ無が他の人の周波数を自分とみなさなければいけない標準は、自身の情況と需要に基づいて自分に合う周波数を調整し出すことが当然で、やっとこのように性生活に調和させて円満にできます。

新婚期間の男性は不平の妻の少し性冷淡が平常でできてそれで、多くの若妻はすると考えて男性はあまり熱中性愛;その逆に、3、4十歳の女性はするとよく同じ年の男性より性愛をさらに渇望してそれで、今男性はしばしば心であり余りがある力は手薄です。性生活が見える周波数は多くの夫妻である心配する話題。たくさんの人は自分と伴侶の関心に出すことができ聞いて:私のこの年のようだ、どれくらい1回比較的適合する?

実際上に個体間の差異はとても大きいので、たとえ同一の年齢層にある相違夫妻の性生活周波数は同様に差によって多くても、そのため他の人の周波数を自分とみなす標準はくれぐれもいらない。

アメリカ学者は年要素に基づいて性能の力の影響規律に対して、1個の“性愛周波数公式”――性愛周波数の=年の10の桁の′9を総括し出します。所得の積の10の桁は時間として、1の位はたびたびこの時間潜伏者のある性交回数とします。比如の30の何歳かの男性は、3′9=27は、身体に影響しないべし健康的に動作状態のものと状況のもとで、20日は7回の性愛があることがあり得て、約3日1回。この公式は30歳以上の成年の人に適合する (具体的であることは下記のとおりです)。

30だ何歳か、3 X 9=27、即ち20日内7回 (3日1回)

40だ何歳か、4 X 9=36、即ち30日内6回 (5日1回)

50だ何歳か、5 X 9=45、即ち40日内5回 (8日1回)

60だ何歳か、6 X 9=54、即ち50日内4回 (12日1回)

しかしこれはただ無作為の規定で、そのうえ表すものは欧米人の習慣です。アジア人と欧米人込みは飲食、体質、生活に全て違うことに慣れて、そのため上述の周波数と中国人実生活中の情況はおそらく一致しないことを並べます。

祖国医学は考えて、性生活は力相応にしすることが当然に、《白い女は経る》中に言及するように:“人は強弱があって、年はとても壮があって、それぞれのはその気力についていきます。”

現代の医学は考えて、性生活は合ったシンボルであるかどうかはで:夫妻双方は全部認可して、そのうえ毎回性生活後双方は全て元気で奮起すると感じて、全体は快適です。

このポストは中に掲示されました→人気女性媚薬の通販情報